毎日上手く行けば良いのにと思う事は、人間が持つ本能による願いです

人には誰しも、テンション次第で作業が上手く行っている日と上手く出来ない日と言うものがあります。
それは当然私にもあるわけで、現在作業が上手く出来ている日が続いています。
なので、毎日がこうならばと思わずにはいられないわけです。
とは言え、毎日上手く行くわけが無いのが人間と言うものです。
ミスをする事は誰にでもあります。
それは、決して責められる事ではありません。

ちなみに、車を安く買うための方法はなんでしょうか。それは交渉をきちんとおこなう事です。交渉を行わずにおくとかなり高い値段で買わされてしまうことになりますが、ハスラーを値引きする交渉術でかなり値段を安く抑えることが可能なのです。
勿論、重要な事であれば責任を取らざるを得ないけれど、人間だものミスする事自体は仕方が無いです。
と言う事で、毎日テンションが高くて作業効率が上手く行けば良いのにと思う今日この頃です。
上手く行っている日が続く時ほど、それが長く続いて欲しいと願う事は、人間が持つ本能による願望だと私は思います。

私は緑茶をよく飲む。好きで緑茶を飲んでいるけど、ものすごく好きというわけではない。
だけど、スーパーやコンビニでついつい緑茶を買ってしまう。
なんでついつい緑茶を買ってしまうのだろう?と考えたところ、思い当たるところがあった。
小・中・高校生のとき、私は吹奏楽部でクラリネットを吹いていた。
クラリネットに限らず管楽器というものは、甘いジュースを飲んだ口で楽器を吹くと楽器が痛む、と言われていた。
だから、部活中は主に緑茶を飲んでいた。
クラリネットを辞めて何年も時間が経ったけど、今でも癖で緑茶を飲んでしまう。
もしかしたら緑茶は青春の味なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です