熱中症になるのを防ぐ

それなら、熱中症になるのを防ぐには何に気をつければ良いと考えますか。
一番効果的なのは、小刻みに水分摂取をすることだと言えるでしょう。

喉が渇いたと感じなくてもこまめに水分を飲みましょう。もしも外で長い時間仕事をしていた場合や運動をしていて体調が悪くなった際は、即座に涼しい場所へ移動する必要があります。
子どもや年配者の場合も同様に周囲の人が注意して、早めに気づいてあげることが重要です。

これら内的要因及び外的要因が重なったときに熱中症が起こりやすくなります。ということで、気温が梅雨時は涼しげだったのに梅雨も終わる7月ごろに急に暑くなることで体が対応できず、熱中症に寄り具合の悪くなる人が急激に増加するのです。
熱中症になったときの症状は、軽度であれば立ちくらみのほか大量の発汗もしくは筋肉痛などで、このケースでは涼しい場所で安静にすることによって症状は回復します。
しかし、熱中症の初期症状に気づかず放置すると症状は急速に悪くなっていくのです。
そして、体温を測り平熱より一度以上高いケースでは熱中症である可能性が高めです。

軽度であればしばらくの間安静にすれば快方へ向かいますが、40度以上の高熱、けいれんも起こしているときにはすぐさま病院へ行く必要があります。

続きを読む